Uncategorized

住宅ローン減税の受け方

住宅ローン減税の受け方

現在の住宅事情は自宅を購入するにはよい環境にあると言えます。市場金利はマイナス金利と史上最低レベルにあり、さらに新型コロナウイルスの感染拡大により、不動産価格もここのところの上昇から下落に転じているからです。

しかも、2019年までとされていた住宅ローン減税は2022年度まで延長されて、しかも期間限定で減税期間もその期間内の申請であれば13年間に伸びているからです。

このように、住宅購入に最適な環境の中で、住宅ローン減税を受けるにはどうすればいいのかについて解説します。

  1. 住宅ローン減税の概要

住宅ローン減税は、住宅ローンを利用して住宅を購入した場合には、その住宅ローンの年末時点の残高に対して1%の控除を受けることのできる制度です。

現在の住宅ローンの金利は変動金利が軽く1%を切っており、今利用すれば実質的に13年間は無利子で借りることができるので、非常にお得な制度なのです。

  • 住宅ローン減税の際に必要なもの

この住宅ローン減税を受けるためには、8つの条件が設けられており、それをクリアすれば減税措置が受けられます。

8つの条件は、

  • 床面積が50㎡以上であること
  • ローンの借入期間が10年以上であること
  • 申請者の年間所得が3,000万円以下であること
  • 自身での居住用であること
  • 前後5年以内に他の税優遇措置を受けていないこと
  • 銀行、住宅取得支援機構などの金融機関からの借入であること
  • 購入から6ヶ月以内に入居して、その年の12月31日まで居住していること
  • 床面積の2分の1以上が居住用であること

になっています。

  • 住宅ローン減税の申告の仕方

上記の8つの条件に合致していれば、住宅ローン減税を確定申告で申請すれば減税金額が戻ってくることになるのです。

すなわち、上記の条件を満たすことを証明する書類を集めて、1月以降に最寄りの税務署に届け出ることによって住宅ローン減税は受けられます。また、次年度以降は、税務署に行かなくても年末調整によって減税が受けられるので楽になっているのです。

現在の日本の住宅価格は年収の数倍から10倍近くまでしており、住宅ローンを利用せずに購入できるのはごく一部の方に限られています。

したがって、住宅購入をされる方のほとんどはこの住宅ローン減税の対象となっており、ぜひ利用してください。

4 住宅ローン減税の受け方のまとめ

住宅ローン減税は、住宅ローンを利用して住宅を購入された方はほとんどが受けられる制度になっています。

現在の住宅ローンの変動金利は1%を下回っており、実質的に13年間は無利子で借りることができるだけに、ぜひ利用してください。

-Uncategorized